つむじはげに効果的な育毛剤|薬とマッサージの重要性

男の人

より高い脱毛抑制効果

薬

大阪では男性型脱毛症より、髪が薄くなってしまったり、抜けてしまったりする男性が多く存在しています。大阪ではこれまで、男性型脱毛症の進行を食い止める薬はプロペシアがメインでしたが、2016年6月13日に新しいザガーロという薬が発売されたのです。男性型脱毛症を引き起こすジヒドロテストステロンはテストステロンが、5αリダクターゼによって変換されることによって発生します。5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型が存在しており、これまで活用されていたプロペシアはⅡ型にしか効果がありませんでしたが。ですが、大阪で新しく発売されたザガーロはⅠ型とⅡ型の両方に作用するのです。これによりこれまでプロペシアで男性型脱毛症の治療ができなかった人でも、治療が可能になりました。
ザガーロはプロペシアの1.6倍の発毛効果があるというデータも掲載されているので、高い信頼制を持って使用することができるでしょう。大阪で発売されているザガーロはカプセル状になっているので、約0.5ミリグラムの錠剤を1日1回水と一緒に飲みます。用量と用途をしっかり守ることが大切です。飲む時間に指定はないですが、24時間近くの間隔を空ける必要があるので飲む時間をある程度決めておいた方が良いです。全国各地に拠点を設ける専門外来でもザガーロは、取り扱いが開始されており、初回であれば5000円で2回目以降は約8000円という価格で購入することができます。1箱で約1ヶ月分となっているので年間で約10万円となるでしょう。